<< 2021年06月
新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
管理ページへ
2020.07.09 00:48

2020年7月5日「ワンフォーオール」STEM(ステム)博士になろう 白組組集会

不安定な空模様 隊長のお宅の車庫をお借りして白組組集会をおこないまいました。

白組は”何が燃えて 何が燃えないのか?” 実験します。

気になるものを 持ち寄って 実際に燃やしてみました。水をしっかり用意して…

燃えているときの様子・燃え方・匂いなど 観察します


なかなか 火がつきません 想像とちがいます


この葉っぱは何? 美味しそうな香りがしてきたよ


表面がなんかおかしくなってきた…  


この匂い何かと似てる…

この他にも 「枯れ葉」「フェルト」「綿」「緩衝材のプチプチ」等々もやして 観察しました


次回も もう少し 気になるものを燃やしてみます
2020.06.27 00:04

2020年6月28日(日)『桃太郎それからの物語』音声動画

★★おつちスカウティング★★

隊長からのミッションその4 桃太郎 それからの物語に音声がはいりましたよ。
6月21日の集会の時に 順番に撮影しました。
今回のコロナ禍の中で  私たちは いろいろなことを学びました。
そのなかで 未来を担う子どもたちの為に わたしたちはいったい何を残すことができるのか あらためて考えさせられました。

子どもたちの素晴らしい創造力に脱帽です。

それではみなさん 『桃太郎 それからの物語』 どうぞお楽しみに!

 赤組



 白組



 
黄組



2020.06.22 22:31

2020年6月21日 第1組集会 『ワン フォー オール』~STEM博士に挑戦~

6月21日(日) 第1組集会 間眠公園&防災センター

★★ ちかいの再認式 表彰式

4年以上もデンリーダーを続けてくださった Sさんが
この度 副長を引き受けてくださることになりました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



また 10年もの長い間 指導者としてつくしてくださっている K副長に

年功章が授与されました。


本当に ありがとうございます。そしてこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

しかのステップ章授与

I・Eさん
チャレンジ章 現在28個も取得しています。がんばっていますね。


第1組集会

8月の夏のキャンプ(今年は コロナの為 一泊の舎営の予定)が今年度の
集大成になります。
これに向けて 組集会を重ねて プログラムの展開を進めていく予定です。

日本連盟の 新チャレンジ章 コラボレーションバッジ STEM(ステム)博士を目指し STEM博士宣言ができるように みんなで頑張っていきます。





STEM(ステム)とは 
S→ Science(科学) 
T→ Technology(技術) 
E→ Enginering(工学)、
M→ Mathematics(数学)の4つのことを表しています。

身近な生活の中にある科学を考えていきます。

野外には 不思議がいっぱいあり 今回 三島5団カブ隊は 火についての
テーマで 日本連盟に申し込みましたので 
さまざまなことを観察し STEMを考え 学んでいきます。
そうです。 自分たちで学びのテーマを考え それに向けて 調べたり
実験してみるなど 活動の世界を広げていきます。

第1組集会では スカウト達が まず 身近にある火について なんでだろう?をたくさん話し合い
自分たちで 不思議に思っている事 学びたいことをあげていきます。

どんなことがでてくるか とっても楽しみです。






組集会の様子です。

 
組集会終了後 先日作った 焼きビー玉の飾りを 作りました。
きれいな 瓶に 宝石のようなキラキラしたビー玉を入れ
ラメなど 好きな飾りをいれて そのあと ハーバリウムオイルをいれます。











小さな水槽のように キラキラして とってもすてきな飾り物ができました。

おうちスカウティング がんばったご褒美だね。

★★ 隊長からのミッションその6 優秀組の発表

さて いよいよ 君たちの富士登山 優秀組の発表です。
指導者もみんな悩みましたが
点数だけでなく さまざまな点について 総合評価をして

今回も黄組が優秀組となりました。



おめでとう!!


★★ 第1回月の輪集会  12:40~13:40

月の輪リーダー指導のもと
今回より BS隊の精鋭 月の輪コーチが応援に来てくれました。
2人しかいない 月の輪スカウトにとっては とってもありがたい存在です。


月の輪集会 開会 国旗掲揚
コロナでずっと集会ができなくて 初めて掲揚を経験するスカウトもいます。
でも がんばったね。


基本動作

月の輪コーチが 大活躍です。


ボーイ隊に入った時の持ち物について
先輩たちの経験談がいろいろきけて 本当にいい集会でしたね。

月の輪スカウトをみんなで 支えてくださって 本当に感謝の気持ちでいっぱいです。



2020.06.22 16:34

2020年6月7日 合同組集会 『ワン フォー オール』 ~心のランプに火を灯そう~

★★月の輪オリエンテーション

6月7日 9~10時  間眠公園

自粛の緩和で ようやく 月の輪集会が始められます。
この日は 月の輪集会オリエンテーション
月の輪ってなあに?
月の輪組の組長 次長
組旗も

今年は くまスカウトが2人しかいませんが
みんなで盛り上げていきます。

第1回からは 月の輪コーチ(ボーイ隊スカウト)も要請します。



月の輪リーダーから いろいろなお話を聞き 少し緊張気味だったかな?

★★合同組集会 10時~12時

久しぶりに会う スカウトの笑顔はとってもまぶしくて キラキラしていましたね。

4月におこなうはずであった カブ隊の新しい副長の成人指導者の再認式を
ようやくおこなうことができました。

今迄 デンリーダーとして ずっとお世話になっておりました。
これから どうぞよろしくお願いします。


N副長 よろしくお願いします。

さて 合同組集会ですが まずは隊での活動を。
久しぶりの 大輪での集合です。

大きな 大きな大輪です!



みんな げんきだった? おうちスカウティング すごくがんばったね?
みんなに 会えて 本当にうれしいいよ!!

このあとは 組に分かれて 密をさけて 活動です。
ずっと ずっと やりたかった 舞いぎりや 弓ぎりを使った火おこし体験を
思う存分やりましょう。

でも その前に 火の大切さについて 副長のみなさまがお話ししてくれました。し



人は山火事や・火山の爆発で「火」を知ったと言われています。調理すること、暖を取ること、夜に明かりがあること、獣から身を守ることが出来るようになり、人は急速に進化することになった、と言われています

想定は

「送電線の故障で、夕べは真っ暗な夜を過ごしたんだよね。ふもとの街では<新型コロナ 第二波>で、多くの人が感染してしまって、工事にすぐ来れないんだって。
<新型コロナ>山奥にいる私たちには関係ないと思っていたけど、工事してもらえないと 電気使えない…関係なくなかった…」

「ランプは持って来たんだけど、マッチは湿気てしまっていて。ライターは夕べの食事作りで、薪に火をつけるのに使いきってしまった…
<そなえ>は完璧じゃなかった…
ランプに火をつけないと また今夜も真っ暗な夜を過ごさないといけないんだよね 

「真っ暗な夜に動物の鳴き声聞くと 怖いよね~」
「トイレにだって なかなかたどりつけないよ~」

「だれか― ランプに火をつける方法教えてー!!

そんなお話から カブスカウト達は 火おこしの使命をもって
がんばりました・・・・







しかし そう簡単には火はつかない・・・
煙はでるけど 火種になるまでいきません。 よし 今度は他の方法で挑戦。
この大変さが 次の組集会につながればと 隊長の願いです。

おうちスカウティングで みんなが本当に一生懸命頑張ったので
隊ではご褒美を準備しました。

焼きビー玉を作って 記念の飾り物を作成します。





透明のビー玉が一番きれい?



宝石みたいにキラキラしています。
クラックビー玉

次回の組集会の途中で
隊からのプレゼントとして
瓶の中にキラキラビー玉とハーバリウムオイルをいれて飾り物を作ります。

楽しみにしていてくださいね。

閉会

月の輪章授与
くまスカウトは 本日 月の輪オリエンテーションに参加して
はれて ここで 月の輪スカウトになります。
次回からは 月の輪章と 月の輪チーフリングを着用しての参加となります。





最後におうちスカウティングのミッションその4 『それからの物語』
表彰式をおこないました。

チームワークがよく 組長がリーダーシップを発揮して
ダントツに早く 到着しました黄組の優勝です。
おめでとう!!



前回のブログでも書きましたがg
21日の集会にて ミッションその6『君たちの富士山頂』の優秀組を発表します。

このあと 発表です。
2020.06.14 23:40

2020年6月吉日

【予告】

隊長からのミッションその5では みなさんに【この道を行く】の動画を募集しました。三島地区の多くのスカウト 指導者の方が参加してくださいました。
もちろん 三島第5団 カブスカウトの皆さんも。

そしてついに そのリモート合唱動画が完成しました。

月曜日の夜にアップする予定でいますので お楽しみに。ニコ
2020.06.14 23:11

2020年6月14日 目指せ!君たちの富士登山 結果発表!!

隊長からのミッションその6 
目指せ!君たちの富士登山 結果発表です。












2020.06.06 22:58

隊長からのミッションその6 報告 9合目 萬年雪山荘 サ・マジックショー

隊長からのミッションその6
『目指せ君たちの富士山頂!』報告 9合目 萬年雪山荘にてのミッション
 ロープのマジック やってみよう



  
2020.06.03 22:28

隊長からのミッション 報告 「八合目 池田館」 ロープワーク

カブ隊の皆さ~ん!!突風被害のあった 池田館の主です!

助かりました!! ありがとうございました<(_ _)>
着々と応急処置ができて 安心しています。カブ隊のスカウトは いろんなロープ結びが出来て 頼りになりますね~

7日に大工さんがきてくれるので まだまだ お手伝い受け付けてます、お願いします!!

そうそう 危険な崖 「立ち入り禁止」のロープ結びがまだです。待ってま~す!!

では お手伝いの報告を日時に沿って報告しますね。

*申し訳ありません!! 山小屋の主の私 慌てふためき 5月27日に既にお手伝いくれたのに写真アップ出来ていませんでした、ごめんなさい!!追加させていただきます!!

日付順 その後は 赤・白・黄組の順にアップしております。


5月26日 黄組 S・Sさん


動画も送ってくれました


5月27日 赤組 Y・S君



5月27日 白組 T・M君





5月27日 白組 I・Eさん






5月27日 黄組 H・K君


8の字結びはひっぱるときの握りてとして使う
花結びは1本のヒモのはしとはしを結んで物をしばるのに使う とコメントいただきました


5月28日 赤組 T・Nさん



5月28日 黄組 A・Mさん



目標も達成しました!!
ロープ結び 1時間ほど特訓してできました  とコメントいただきました


5月30日 白組 N・Tさん

 がんばりました!!


5月31日 赤組 Y・Mさん




5月31日 白組 Y・M君


動画も送ってくれました


6月1日 赤組 S・Kさん



みんなのお手伝いをいただけて 助かりました!

まだまだ お手伝い必要です、7日までお待ちしてます!!

動画も送ってくれました。まとめて後日アップさせていただきますね。


2020.06.02 17:09

隊長からのミッションその6 報告 「新七合目 手旗と観察」

 新七合目でのポイントミッションは、手旗の解読(かいどく)と
富士山にかかる雲をスケッチして雲の名前を調べるというものでした。

1問目は4つの数字をたすと いくつになるか、でしたね。
みんな正解でした! デンコーチの手旗をしっかり読み取れました。
ちなみにデンコーチが出した4つの数字は何の数字かわかったかな?

2問目は富士山にかかる白いものはなに? でした。
前に使った暗号表に合わせて手旗で答えるというもの。ここでおひろめしまーす!


赤組 Y.Sくん


赤組 S.Kさん


赤組 T.Nさん


赤組 Y.Mさん


白組 Y.Mくん


白組 I.Eさん


白組 T.Mくん


黄組 A.Mさん


黄組 S.Sさん


黄組 H.Kくん

みんな とても上手に手旗できてますよー🏴(^o^)🏳


3問目は富士山と雲の観察でした。

黄組 H.Kくん
あいにくのお天気がつづき、なかなかきれいに見えなかった富士山ですが、
チャレンジノートに書いて、雲の名前も調べてくれました。

ふだんリュックに入ってる七つ道具のてばた。おうちスカウティングで
こんなに出番があって、きっとよろこんでますね。いつもの活動のときにも
どんどん使っていきますよー。みんな、0から10までの原画をわすれないでね~(^o^)✋


2020.06.01 23:59

隊長からのミッションその6 報告 新5合目 富士登山の持ち物

新五合目でのポイントミッションの報告です。
ここでは 富士登山に必要な準備 持ち物などをあげてみようだったね。
みんな チャレンジノートにかいてくれました。
くまスカウトは 野外活動の細目1にサインをしてあげられるんだけどね。
報告者は少なかったね。今からでも間に合うからチャレンジノートに書いて
集会の時に見せてね。

5月22日

A・Mさん とにかく 早かったね。すごいね。

5月23日 
あまりの感動で 富士登山の報告にものせましたが
お父さんの協力で 実際に 持ち物を出してみたところがすごい。
お父さんは 山男だとか・・・
実際に登山ルートの確認をした写真は すでに載せてありますので
確認してくださいね。





5月24日

白組 Y・M君 

5月24日 

赤組 Y・S 君

5月26日

白組 I・Eさん

5月27日

黄組 H・K君
すごくたくさん書けたね。
1 | 2 | 3 | 4 | 5  >>次へ