2016年2月以前のページはこちら
<< 2019年04月
新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
管理ページへ
2018.03.20 12:45

2018年3月 富士章取得までの道のり

平成29年度末になって、慌ただしく3人のスカウトが
富士章の申請を行った。2人は既に終わっていたが
3人目の県連面接は、何と3月18日でした。

時系列で表すと、全ての書類が整った時点で・・・
①申請ファイル作成

実際、ファイル作成をすると抜けている部分や書き漏れが
ばいように、細かくチェック。万が一あった場合は、付箋
を貼っておいて、後で速やかに修正。

②団面接

作成したファイルは一度団に行き、その後、団委員長及び
プログラム委員の面接を受けます。

③地区面接

団から激励と賞賛を受けつつ、今度は地区面接となります。
地区コミッショナー、地区委員長、地区プログラム委員長の
面接となり、少し緊張。

④県連盟面接

地区役員が面接書類にサインをすると、いよいよ最終面接の
県連盟面接へ。県連盟コミッショナー、県連盟プログラム委員長の
最終面接は、誰もが最も緊張する瞬間でしょう。

これを、クリアすれば後は、富士章受理まで心待ちします。
富士スカウトになった際には、パーチメントナンバー(通し番号)も
渡され、その番号は不変なものです。

面接は、スカウトの都合で行ってはくれません。あくまでも
面接員が足並みを揃えてくれる日程が基本です。
なので、申請書類ファイルが出来たからと言って、直ぐに
面接が行われるとは限りません。当団のスカウトはいつもギリギリ
なので、余裕を持って申請できるよう、後輩に指導してもらいたいと
指導者は、切に願います。

たまたま他地区のスカウトと面接が一緒になり
テーブルの上には、そのファイルが並んでいました。

右側が、当団のスカウトのファイルです。
厚さが問題ではないと思いますが、それでも富士章を取るために
どれだけの努力をしてきたかは、ファイルの厚さに出ているのでは
ないのでしょうか?
2018.03.13 15:14

2018年03月12~14日 三島地区卒業キャンプ(有志のみ参加)

3月12~14日の日程で、三島地区の高3ベンチャースカウトが
「卒業キャンプ」を計画し、実施されました。

1月頃から、進路が決まったスカウトを中心に計画され、連絡や準備、食料調達に
至るまで全て自分たちで行いました。
キャンプ地は、函南第1団が使用している、通称船山キャンプ場。

詳しい内容は、スカウト本人たちしか分かりませんが、画像が
送られてきたので、ここに公表します。































2018.03.11 16:26

2018年03月10日(土) 緑化推進事業 ベンチャー部門

ベンチャー部門だけは、今後に行われるスカウトフォーラムの発表に
向けて、更に作業をする事になりました。

ちょっと早めの昼食を取りながら、フォーラムの打ち合わせ

楽しく談笑中!?


セレモニーとスケジュールを確認後

ヘルメットを被って作業現場へ移動します


チェーンソー体験をするのですが、その前に構造や点検、使い方の
レクチャーを受けます


最初はエンジン音や振動におっかなびっくりでしたが
それでも全員が実際に木を切る体験をしました



チェーンソー体験後、実際に間伐(伐倒)するために、山へ入ります。


手頃?な木を探しながら、進みます。


チェーンソーで切るとあっという間に終わってしまうので、今回は
のこぎりでの討伐にチャレンジ。
倒す方向を確認し、その方向から切ります。

水平と斜めの2カ所から切って行きます。


大変なので、何度も交代しながらみんなで協力しました




切り取った部分


今度は反対側から、切込みを入れます。

半分くらい切ったら、てこの原理を利用して倒します。

枝に引っかかってしまったので、みんなで持ち上げて落としました。
 
伐倒成功!(拍手)


空いている時間を使って、チェーンソーで「きこりのローソク」作り。
 
各自1個作りました!乾燥させるため、しばらく放置します。

夏のキャンプが楽しみです。


頑張りました~!


2018.03.11 16:34

2018年03月10日(土) 緑化推進事業

3月10日(土)、静岡県東部ブロックの緑化推進事業が
箱根の里で行われました。三島地区を始め近隣地区からも集まり、
およそ200人の参加者がありました。

当日は雨は上がったものの、あまりいい状態ではなかったので
セレモニーは体育館で行いました。

緑化推進事業についての話と、今回予定されていた間伐についての
講義を聞きました。


本来なら、各部門で活動を行うはずだったのですが、それも出来ないため
全員で間伐された場所とされていない場所を実際に確認に行って
その重要性を聞くプログラムとなりました。


これから散歩!?に出発です


全員で間伐された現場に移動中

間伐された場所に到着

木々の間に光が差し込めるほどの空間が空いています。

上を見ると、空が確認できます



こちらは間伐されていない場所。

上を見ると、密集している感じが分かります。


全体行事は、残念ながら現場の確認だけで終わってしまい
今後の活動に反映させていくようです。




2018.02.28 10:44

2018年02月28日 富士章地区面接~県連面接へ

今年度、2人目の富士章をめざすS.Kベンチャースカウトが
各面接に臨んだ。

2月28日(水)地区面接

会場は子育て支援センターで19:30から行われました。
面接員は、三島地区委員長、地区コミッショナー、
地区プログラム委員長の3名。

3月12日(月)県連面接

会場は割狐塚稲荷神社社務所で:00から行われました。
面接員は、県連盟コミッショナー、県連国際進歩委員長の2名。

先日面接を済ませたS.Iベンチャースカウト同様に
3年間のベンチャースカウト活動の集大成となりました。
2018.02.27 07:36

2018年02月26日 富士章県連面接

22月26日(月)、長泉町文化センターベルフォーレにて
富士章進級のための静岡県連盟の面接が行われました。

面接に臨んだのは、三島第5団のS.Iベンチャースカウト。
他団からも1名の参加でした。
3年間、ベンチャースカウト活動に励み、ここにその結果が
形となって表れるのは、スカウトの努力はもちろんの事ですが
隊長を始めとする団指導者、団関係者並びにご両親のご理解と
ご協力があってのものだと思います。

富士章の重みは、数年経たないと分からないと思います。
それに気づいた時、きっとちかいとおきての本当の意味が
分かってくるのでしょう。

弥栄
2018.02.26 17:25

2018年02月25日 ボーイ隊への実技指導

2月25日(日)、東町運動公園でボーイ隊への実技指導が
行われました。

この日、ボーイ隊は合同班集会の日でしたが、少しの時間を
いただいて、隼章課目「スカウト技能(ウ)」の修得目的を
含んでいます。

各班に1名ずつついて、進級課目を中心にロープワークの
指導に入りました。












技術指導の中には「班旗立てゲーム」で使うロープワークもあり
最後は班旗立てに挑戦しました。


スカウトの技術向上に、今後も貢献していきたいですね!


2018.02.19 16:52

2017年02月18日(日) BP祭

熱海市にあるMOA美術館能楽堂で、ボーイスカウトの
創設者ロード・ベーデン・パウェル卿の生誕を祝うBP祭が行われました。


ベンチャースカウトは、会場スタッフとして他のスカウトの会場入りの前に
集合して、打ち合わせをしました。



会場担当



受付担当



会場には、三島地区のスカウトが続々と来場


ベンチャースカウトは、目立たず仕事をこなします








式典内で、当団スカウトから菊章と隼章が伝達されました。
(伝達者は4名でしたが、欠席のため2名のみ)


式典終了後も、片付けを率先して行いました。

2018.02.05 11:41

2018年02月03~04日 冬季訓練(車山高原スキー場)

2月3~4日で、長野県の車山高原スキー場へ冬季訓練に出掛けました。

2月3日(土)
ベンチャースカウトにとって時期的に忙しいので、参加者は2名と
少なかったのですが、それでも個人の活動として参加できるスカウトは、
きっと苦にもしないでしょう。



東富士五湖有料道路を走行中


19:50過ぎ、車山高原スキー場に到着。ホテルまであと少し。


ホテルでは、スキー靴合わせをします。ビーバースカウトのヘルプに、参加。

2月4日(日)



朝食前には、準備万端。

しっかり食べて、活動に備えます。

リフトに乗って上へ向かいます。

隊長とスカウト2人(↑)。ローバースカウトと一緒(↓)。


天気に恵まれ、スキー日和となりました。


いつもの通り、記念撮影。みんな、いい顔しています!


この日、隊長はカブ隊の指導に入っていたので
ベンチャースカウトの写真は、撮れませんでした。

活動後半、カブスカウトがリフトに乗るので、ベンチャースカウトは
サポートとして同行。

マンツーマンで一緒に降りてきました。



その頃、山頂はかなり荒れ模様の天候に、急変!

山の天気は変わりやすいです。



この一場面「何か事故が起きた!?」と思いきや・・・

スカウトに確認すると
「リフトに乗っていた時、足元で子どもが泣いていたので
駆けつけたところ、お父さんとはぐれて、迷子になっていました。
近くにいたボーイ隊のS副長に声を掛け、放送を入れてもらうよう
お願いをしました。自分は、子どもに寄り添って、スキーを
外し、その子を励ましながら一緒に徒歩で下山してきました。
そこへ、お父さんが駆けつけてくれて、無事に引き渡しが
出来ました」(スカウト談)
という事があり、ボーイ隊隊長に、事情を説明している場面でした。


帰る直前、ホテルの前で撮影。


この頃は、また天気が良くなり始めました。


中央高速道路では、富士山がよく見えました。
三島は、富士山の向こう側です。


多少のハプニングもありましたが、無事に帰着しました。



2018.01.25 17:35

2018年1月24日(水) 富士章地区面接

1月24日、富士章地区面接が、子育て支援センターにて
行われました。

この日は、当団スカウトの他に三島第3団からも
面接をするスカウトが来ていました。
この3年間、団は違くても、共に活動をしてきた仲間です。


「隊長、何と答えていいのかさっぱり分かりませんでした」
と、彼には珍しく受け答えの反応が悪かったですが
特に心配する事はないと思います。

いよいよ残すは、静岡県連の面接を残すのみ。
富士章まであと一息です!
<<前へ  6 | 7 | 8 | 9 | 10  >>次へ