2016年2月以前のページはこちら
<< 2019年04月
新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
管理ページへ
2018.02.05 11:41

2018年02月03~04日 冬季訓練(車山高原スキー場)

2月3~4日で、長野県の車山高原スキー場へ冬季訓練に出掛けました。

2月3日(土)
ベンチャースカウトにとって時期的に忙しいので、参加者は2名と
少なかったのですが、それでも個人の活動として参加できるスカウトは、
きっと苦にもしないでしょう。



東富士五湖有料道路を走行中


19:50過ぎ、車山高原スキー場に到着。ホテルまであと少し。


ホテルでは、スキー靴合わせをします。ビーバースカウトのヘルプに、参加。

2月4日(日)



朝食前には、準備万端。

しっかり食べて、活動に備えます。

リフトに乗って上へ向かいます。

隊長とスカウト2人(↑)。ローバースカウトと一緒(↓)。


天気に恵まれ、スキー日和となりました。


いつもの通り、記念撮影。みんな、いい顔しています!


この日、隊長はカブ隊の指導に入っていたので
ベンチャースカウトの写真は、撮れませんでした。

活動後半、カブスカウトがリフトに乗るので、ベンチャースカウトは
サポートとして同行。

マンツーマンで一緒に降りてきました。



その頃、山頂はかなり荒れ模様の天候に、急変!

山の天気は変わりやすいです。



この一場面「何か事故が起きた!?」と思いきや・・・

スカウトに確認すると
「リフトに乗っていた時、足元で子どもが泣いていたので
駆けつけたところ、お父さんとはぐれて、迷子になっていました。
近くにいたボーイ隊のS副長に声を掛け、放送を入れてもらうよう
お願いをしました。自分は、子どもに寄り添って、スキーを
外し、その子を励ましながら一緒に徒歩で下山してきました。
そこへ、お父さんが駆けつけてくれて、無事に引き渡しが
出来ました」(スカウト談)
という事があり、ボーイ隊隊長に、事情を説明している場面でした。


帰る直前、ホテルの前で撮影。


この頃は、また天気が良くなり始めました。


中央高速道路では、富士山がよく見えました。
三島は、富士山の向こう側です。


多少のハプニングもありましたが、無事に帰着しました。



2018.01.25 17:35

2018年1月24日(水) 富士章地区面接

1月24日、富士章地区面接が、子育て支援センターにて
行われました。

この日は、当団スカウトの他に三島第3団からも
面接をするスカウトが来ていました。
この3年間、団は違くても、共に活動をしてきた仲間です。


「隊長、何と答えていいのかさっぱり分かりませんでした」
と、彼には珍しく受け答えの反応が悪かったですが
特に心配する事はないと思います。

いよいよ残すは、静岡県連の面接を残すのみ。
富士章まであと一息です!
2018.01.22 17:23

2018年1月8日(月祝) 新年もちつき大会

1月8日(月祝)、団行事恒例の新年もちつき大会が、間眠公園で行われました。

今年は、カブ隊の「やくそくの式」、ボーイ隊の「ちかいの式」が
行われたため、先輩スカウトの雄姿を見せたいところです。


セレモニーは、ベンチャー隊の国旗掲揚で始まりました。


この日は少数精鋭でしたが、存在感あり!



しっかり餅もついて、1年間の活動の安全を祈願!


そして、受験も頑張ります!!
2018.01.21 17:11

2018年1月1日(月祝) 新年弥栄

1月1日(月祝)、錦田中学校グラウンドで、新年弥栄が行われました。

今年も、きれいな初日の出が見られました。

「3月までに富士章3人、6月までに隼章3人」が直近の隊の目標。



今年はジャンボリーもあるので、また忙しい年になるでしょう!


今年の元旦の富士山

2018.01.20 14:54

2017年12月16日(土) 富士章・菊章の団面接

クリスマス集会終了後、富士章及び菊章の団面接が同会場で行われました。

9月に上進して来た中3ベンチャースカウトは、翌年3月まで
菊章を目指すことが出来ます。
また高3ベンチャースカウトは、翌年3月までが富士章取得の
タイムリミットです。


最初は、菊章団面接です。


団委員長、進歩委員を前に少々緊張気味です。
菊章取得となれば、いよいよ本格的にベンチャーの活動にも
力が入ることでしょう。

続いて、富士章取得に向けての団面接。






3人とも、多忙な部活や受験勉強を上手にやりくりしながら、この3年間
一生懸命スカウト活動に参加してきました。

申請まで残り時間は少ないですが、オーバースカウトに上進する時には
成果を残してもらいたいものです。
2018.01.01 14:38

2017年12月16日(土) クリスマス集会

12月16日、防災コミュニティセンターで、年内最後の団行事となる
クリスマス集会が、開催されました。
ベンチャースカウトは、例年通り司会進行です。

他のスカウトが来る前に会場入りし、準備に取り掛かります。






準備が終わると、ベンチャーアトラクションの打ち合わせ(だと思う)


いよいよ、ベンチャーの号令と共に、集会がスタートします。

幕の裏側で、作業中

アトラクションでは、ベンチャースカウトならではの個人トークがさく裂!!












プレゼント配布中は、スカウトたちを整列させるのに尽力しますが、
トナカイは「選ばれし者」のみが、その大役を任されます!






集会中には、団委員特製のトン汁が振舞われます。



いつも美味しくいただいています。
団委員さん、ありがとう!

集会終了後に、隼章の伝達式が行われました。

当団では9人目、静岡県内では86番目のの隼スカウトです。

1年間、スカウト活動ご苦労様でした。



来年は「第17回日本スカウトジャンボリー」が開催されるので
それに向けて、頑張りましょう!



2017.12.27 12:27

2017年11月19日(日) 減災DAYキャンプ

11月19日(日)、東町運動公園で東部ブロックの「減災DAYキャンプ」が
行われました。これは、全国ベンチャーフォーラムのテーマである
「減災」について、県連、地区、団、隊等の単位でベンチャースカウトが
「何が出来るか?」について、討議・実施するものです。

今回は東部ブロック(参加地区は、三島地区、沼駿地区、御殿場・小山地区)から
10名のスカウトが参加をしました。

遠方にも関わらず、夏ごろから何度も集会を重ね、今回の実施に至りました。



グループ討議

東部ブロックといっても、広範囲に渡るので起きる災害も違っています。

まず、各地区からどのような災害が起こるのかを発表し合いました。

簡易ろ過装置の作成
ペットボトルを使った簡易ろ過装置作り。

中には綿、晒、炭、小石等が詰められています。

飲み水としては使用できませんが、レトルト食品等を温めるのには、
泥水より飲めなくても透き通った水の方が良いのではないでしょうか?



実際に泥水を注いでみます。



ろ過には時間が掛かりましたが、そこそこ透明な水が出来ました。


ハイゼックス米体験
昼食は、実際ろ過した水を使用し、ハイゼックスの袋に米を入れて
実際に非常食を体験します。

ただの米では味気ないので、中に具材を入れて味付けしたのは、

スカウトたちの楽しみでした。


ビバークテントの作成
本当に被災した時、やはり雨風をしのぐ手段をしなければ行けません。

今回はブルーシートと竹を使い、ビバークテント(簡易テント)の
作成をしました。


実際建てるのには、慣れれば5分程度です。

こちらは細長いバージョンです。

ちょっと作りが甘くて、床がない!

間伐のセミナー
来年に、減災の一環として「間伐」を行います。

それに先立ち、間伐の必要性ややり方を講習で学びました。


1日盛りだくさんの活動でしたが、他団との交流も含め
内容の濃い活動となりました。
2017.09.15 12:25

2017年9月2日(土) 上進式(ちかいの再認)

9月2日(土)、18:30から、ベンチャー隊への上進式およびちかいの再認が
行われました。式の前にボーイ隊の「ジャンボリー説明会」があったため
例年より30分遅れのスタートです。

上進式の前に、ベンチャー章の授与が行われました。



これで、一人前のベンチャースカウトとして活動してくれることを
期待します。

今年は1人のスカウトが先輩からの再認を受けます。

隊長とスカウトにより、献灯が行われます。



続いて先輩より、ちかいの再認を受けます。

どんな優秀なスカウトでさえも、一番緊張する場面でしょう!

これでまた、仲間が加わりました。



場所を変えて、隊集会が行われます。
緊張から解放されたせいか、会話もはずみます。

すべての活動は、ここからスタートしていると言っても
過言ではありません。
「欲求や権利を主張したら、それに見合う対価(活動)を伴わなければ
ならない」事をスカウトは知っています。
辞めて行ったスカウトが、指をくわえて羨ましがるような活動に
して行きましょう!
2017.08.24 11:13

2017年08月18~20日 夏季キャンプ(箱根の里)ビバークテント

8月18~20日の日程で団キャンプが箱根の里で行われました。

ベンチャー隊は、基本はボーイ隊本部に奉仕要員として参加している事を
パイオニアリングのところで記載しましたが、もう1つ課題がありました。
それは「ビバークテント作成と宿泊」です。

ビバークとは、登山や探検、野外活動における野宿の事です。
また予期せぬ事態で緊急避難的に行なわれるものも含みます。
現在「減災」をテーマに活動しているので、それも踏まえて
ブルーシートで簡易テントを作成し、宿泊する訓練を行いました。

テントを立てるのに必要なのは、
ブルーシート 1枚
竹 180cm  1本
PPロープ  5mほど
ペグ 5本あれば何とか

災害時でも手に入るようなもので、しかも簡単に作れなければ
意味がありません。

製作時間は2人で、約5分もあれば十分です。一人でも立てられます。

実際、この日に3人のスカウトが宿泊しました。

ビバークテントは色々な形がありますが、最低限、夜露がしのげて
休むことが出来る場所を確保する事が基本です。
11月に予定されている活動にて、別のものを立てる予定。





2017.08.24 18:45

2017年08月18~20日 夏季キャンプ(箱根の里)パイオニアリング

8月18~20日の日程で団キャンプが箱根の里で行われました。

ベンチャー隊は、基本はボーイ隊本部に奉仕要員として参加をしますが
その中でも、自分たちで課題を持って参加しています。

今回の課題は「パイオニアリングとビバークテントでの宿泊」です。

パイオニアリングについて
隼章取得課題として、パイオニアリング(大型構築物の作成)というのが
あります。今回は3名のスカウトが、それに参加をしました。
事前隊集会にて、割り箸で模型を作り、自分たちが作るものを想像します。



これが意外に大変!でも、設計図がないので、この作業は非常に大事です。


実際は長さ4mの木材を使って作ります。縛るロープは、荒縄を使用。
全員ボーイスカウト時代には1級章、菊章を取得しており、ロープワークには
心配ありません。

平面時の作業は問題ありませんが、作業が立体になってくると3人では本当は人手不足です。

そんな事言ってられないので、やるしかありません。


この日は時間的に余裕がなかったので、昼食は弁当持参で対応。

暑い中の作業だったので、水分補給も大事です。

足場になるすのこを取り付け中。資材が足りなかったので、木材と竹を交互に入れて対応。

準備が出来たら、張り綱を4カ所に取り付けて一気に立ち上げます。

とにかく重くて、立ち上げるのに一苦労しました。

製作状況を、タイムラプスで!


何とか完成しました。
 
地面が若干斜面だったので、全体にちょっとねじれた歪みが出てしまいましたが、
ちゃんと縛ってあるので、倒壊する危険は限りなく少なかったです。
 
と言うより倒れない自信はありました。

残念ながら、梯子の間隔が広すぎてカブスカウト隊に上がって貰う事は出来ませんでしたが

大人数が乗っても大丈夫でした。
<<前へ  6 | 7 | 8 | 9 | 10  >>次へ